「哺乳瓶の消毒で熱湯消毒と煮沸消毒の違いは?」について

哺乳瓶の消毒で熱湯消毒と煮沸消毒の違いは?

哺乳瓶の消毒で熱湯消毒と煮沸消毒が同じ意味に使われていますが、
厳密に言うと違いがあるんです。

それでは、哺乳瓶の消毒で熱湯消毒と煮沸消毒の違いについて簡単に説明します。

まずは、煮沸消毒についてですが、
こちらの記事「哺乳瓶の消毒方法|鍋で煮沸消毒するやり方」でまとめていますのでを参考にして下さい。

それでは、哺乳瓶の熱湯消毒について。
やり方は、沸騰したお湯を哺乳瓶にかけて1分置く。これだけです。

煮沸消毒と熱湯消毒をする時期としては、
煮沸消毒が最初の2ヶ月くらい、その後2ヶ月くらいが熱湯消毒といった目安でしょうか。

そして、離乳準備をはじめた4〜5ヶ月くらいには熱湯をサッとかけるくらいでいいですね。

もちろん、厳密にこの通りにしなければならないわけではありません。

ちなみに、哺乳瓶の煮沸消毒と熱湯消毒でつかったお湯は、その他の食器洗いに使えますね。


実は、3つの消毒方法から選べる哺乳瓶があるんです。

お鍋で煮沸消毒する派のママにおすすめ哺乳瓶の選び方






posted by 哺乳瓶の消毒 at 10:24 | 哺乳瓶の消毒方法は! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「哺乳瓶の消毒方法|鍋で煮沸消毒するやり方」について

哺乳瓶の消毒方法|鍋で煮沸消毒するやり方

哺乳瓶の消毒方法で昔からあるのが「鍋」を使った煮沸消毒ですね。

この煮沸消毒で哺乳瓶を消毒する方法は、
低コストで最も基本的な消毒方法なので知っておくといいですね。

やり方はとても簡単です。

まず用意するものとしてこんなものがあるといいです。

・大き目の鍋
・清潔な布巾
・清潔な菜箸

本当に身近なもので用意できますね。

それでは、鍋を使った哺乳瓶の消毒方法を解説します。

・用意した大き目の鍋に水を入れ沸騰させます。
・煮沸する哺乳瓶と二プル(乳首)などを入れます。
 哺乳瓶と二プルは予め洗浄しておいて下さい。
・煮沸時間としては哺乳瓶だけなら4〜5分でOKです。
 二プルやゴム製など熱に弱いものは説明書をよく確認して下さい。
・煮沸が完了したら、用意した菜箸で取り出します。
・取り出したら、用意した布巾の上に置きます。
 予熱ですぐに乾いてくれます。
・乾いたら埃が入らないように布巾などをかぶせておくか、
 収納ケースなどに保管しておくといいですね。


実は、お鍋で煮沸消毒するのにオススメの哺乳瓶があるんです。

お鍋で煮沸消毒する派のママにおすすめ哺乳瓶の選び方






posted by 哺乳瓶の消毒 at 23:37 | 哺乳瓶の消毒方法は! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「哺乳瓶の消毒専用容器と使い方の動画を紹介」について

哺乳瓶の消毒専用容器と使い方の動画を紹介

哺乳瓶を消毒するための容器というと、
ミルトンから出ている哺乳瓶洗浄用の専用容器が人気ですね。

なんと哺乳瓶を6本分消毒できるゆったりサイズなので、離乳食器やマグカップなどにも使えてとても便利なんです。

哺乳瓶の消毒用容器「ミルトン」の使い方を動画で紹介していましたので参考にして下さい。




哺乳瓶消毒用容器のメリットとしては数時間放置したまま消毒できるところでしょうか。
一方、デメリットというと、漂白作用で哺乳瓶の目盛りを劣化させてしまうことですね。

そこで、薬液による目盛りの劣化がしにくい哺乳瓶がおすすめです。

薬液消毒する派のママにおすすめ哺乳瓶の選び方






posted by 哺乳瓶の消毒 at 21:43 | 哺乳瓶の消毒方法は! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロバイダキャンペーン情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。