「哺乳瓶の消毒はどのタイミングがいいの?」について

哺乳瓶の消毒はどのタイミングがいいの?

哺乳瓶を消毒するタイミングを考えたとき、赤ちゃんにミルクを上げる前、つまり哺乳瓶を使う前がいいでしょうか?それとも哺乳瓶を使った後がいいでしょうか?

この場合、消毒方法によってタイミングも違うと思いますが、一般的な煮沸消毒の場合を例にして考えて見ました。

普通に考えると、赤ちゃんにミルクを上げる前に煮沸消毒をしてしまうと、哺乳瓶が熱過ぎてミルクの温度も調整できませんね。それに、哺乳瓶の中に湯気が立ってしまい、粉ミルクだとビンの側面に張り付いてしまいます。

結論としては、哺乳瓶を消毒するタイミングは使った後がいいようです。煮沸消毒をした後、哺乳瓶を逆さにしてしっかり乾かします。乾いたら、フタ付きの保管容器(大き目のタッパーなど)に入れて置けばOKですね。

ここでは煮沸消毒について簡単に説明したが、哺乳瓶の消毒にはあと2つの方法があるんです。それによって、哺乳瓶の選び方も違ってくるんです。

あと2つの方法とは?哺乳瓶の選び方






posted by 哺乳瓶の消毒 at 00:54 | 哺乳瓶を消毒するワケ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「哺乳瓶を消毒する意味はあるのか?」について

哺乳瓶を消毒する意味はあるのか?

哺乳瓶を消毒する意味はどこにあるのでしょうか?

ここで大切な質問をします。哺乳瓶を消毒することと哺乳瓶を洗浄することは同じ意味になるでしょうか?

消毒と洗浄は基本的に哺乳瓶を綺麗にして衛生的に使う意味では同じですね。しかし、哺乳瓶を消毒することと哺乳瓶を洗浄することはまったく違う意味になるんです。

簡単に説明すると、消毒は殺菌することで、洗浄は汚れを落とすことです。そして、消毒を殺菌の正しい使い方は、ミルクの油分を「洗浄」してから「消毒」するようにします。

哺乳瓶を消毒する意味が分かったところで、次は哺乳瓶の選び方に3種類があるってご存知でしたか?

3つの消毒法から選ぶ哺乳瓶の選び方






posted by 哺乳瓶の消毒 at 00:50 | 哺乳瓶を消毒するワケ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「哺乳瓶の消毒はなぜ必要なのか?」について

哺乳瓶の消毒はなぜ必要なのか?

哺乳瓶の消毒がなぜ必要なのかというと、ミルクの栄養に関係しているようです。ご存知のとおり、ミルクは赤ちゃんにとって大切な栄養が豊富に含まれています。

その反面、ミルクの栄養は雑菌が増えやすいんです。だから、哺乳瓶に残ったミルクをそのままにすると、簡単に雑菌が繁殖してしまうわけです。

哺乳瓶の消毒がなぜ必要なのかその理由が分かったとしても、毎回の哺乳瓶の消毒は手間がかかって大変ですね

でも、その期間はそれほど長くありませんので、赤ちゃんの成長を見守りながらしっかりと哺乳瓶の消毒をしてあげて下さい。

実は、哺乳瓶を消毒する方法は3つあるんです。それが正しい哺乳瓶の選び方になるんです

3つの消毒法から選ぶ → 哺乳瓶の選び方






posted by 哺乳瓶の消毒 at 00:24 | 哺乳瓶を消毒するワケ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロバイダキャンペーン情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。